BellaDatiBIは自社の統合されたデータウェアハウスとETLエンジンを持っています。このウェアハウスは、似たような特徴を持つデータを表すバーチャルなデータベースを含みます。これらのバーチャルなデータベースはデータセットと呼ばれ、レポートはそれらに基づいて構築されます。それぞれのデータセットは複数のデータソースに接続できます。

    以下のオブジェクトはデータセットで定義、管理されます:

    以下の行動がデータセットで実行できます:

    Icon

    データ管理役 のユーザーのみがデータセットを管理できます。この役職をお持ちでない場合、BellaDati管理者にお問い合わせください。

    チュートリアルビデオ

     

    データセットサマリーウインドウ

    データセットサマリーウインドウは以下を表示します:

    • データセットに関しての基本情報
    • インポート履歴
    • レポートのリスト

    典型的なデータセットサマリーウインドウは以下のような形式をしています:

    アクションリスト (サブメニューレイアウト)

    • ユーザーと共有: 他のユーザーやユーザーグループのデータへのアクセスを認める(データフィルター設定を含む)
    • 複製: データセットのコピーを作成
    • バックアップ構造: データセットの全構造と関連レポートをXMLファイルに保存
    • XMLからレポートをインポート - レポートのXMLバックアップをインポート
    • データセットを除去: BellaDatiから全データセットと関連レポートを除去することを許可

     

    date, time, timestamp, geojson, point, boolean, text, varchar