BellaDati BIには、独自の統合データウェアハウスとETLエンジンがあります。このウェアハウスには、似たような特徴を持つデータを表す仮想データベースを含みます。これらの仮想データベースはデータセットと呼ばれ、レポートはそれらに基づいて構築されます。各データセットは、複数のデータソースに接続できます。

    以下のオブジェクトは、データセットで定義、管理されます:

    以下のアクションをデータセット内で実行できます:

    Icon

    データ管理権限を持つユーザーのみがデータセットを管理できます。この権限を持っていない場合は、BellaDati管理者にお問い合わせください。

    データ変更のサイクル

    リポジトリ内のすべての変更は、すべてのレポートとダッシュボード、最終的にはREST APIを介して利用可能なすべてのリソースに自動的に伝えられます。詳細については、次のリンクを参照してください:

    チュートリアルビデオ

    データセットサマリーウィンドウ

    データセットサマリーウィンドウは以下を表示します:

    • データセットに関しての基本情報
    • インポート履歴
    • レポートのリスト

    典型的なデータセットサマリーウィンドウは、以下のような形式をしています:

    データセットの名前の下にあるボックスには、次の情報が含まれています:

    • 最終変更日
    • レコード数
    • 最終インポートの日付とステータス
    • アラートの日付とステータス (各アラートごとに1つのボックス)
    • 最終キューブ実行の日付 (ビッグデータセットの場合).

    アクションリスト (サブメニューレイアウト)

    • ユーザーと共有: データフィルター設定を含む、他のユーザーやユーザーグループのデータへのアクセスを許可
    • 複製: データセットのコピーを作成
    • 構造バックアップ: データセットと関連レポートの構造全体をXMLファイルに保存
    • XMLからレポートをインポート - レポートのXMLバックアップをインポート
    • データセットの削除: BellaDatiからデータセット全体と関連レポートの削除を許可

     

    date, time, timestamp, geojson, point, boolean, text, varchar