Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.

...

Sv translation
languageja

インジケータの管理は、BellaDatiのデータウェアハウスモデリングの一部です。特定のインジケータ値は、検査の関心のポイントを表します。 インジケータには通常、数値(賃金、費用、収入など)があります。

2種類のインジケータを区別しています:

  • データセットインジケータはデータセット内で定義され、レポートインジケータのマスターとして利用可能です。別の設定(集約、外観など)はサポートされていません。端的に言うと、データセットインジケータは、名前や単位、丸めモードなどの基本的な属性を持つ生の数値(OLAP言語ではファクト)を表します。これらのインジケータの値は、インポートされたデータから直接、BellaDatiのデータウェアハウスに直接保存されます。

Info

データセットインジケータは、コードで表されます(数式で定義されていない場合)。このコードは常に「M_」から始まり、数式で使用するための一意の識別として機能します。注: インジケータコードは編集不可で、作成中に割り当てられることにご注意ください。

 

  • 数式インジケータ: 割り当てられた数式やその他の操作によって値を計算します。数式によって作成されたインジケータ値はデータセットに取り込まれません。インジケータ値は数式によって評価されるのです。数式インジケータはレポートレベルでも定義できます。詳細は数式参照ガイドをご覧下さい。値は、割り当てられた数式や別の操作に従って計算されます。数式によって作成されたインジケータの値はデータセットにインポートされず、数式から評価されます。数式インジケータは、レポートレベルでも定義できます。詳細については、Formula Reference Guideを参照してください。
Info

データセットインジケータは数値のみ含みます。一方、数式インジケータはテキスト値やメンバー数も含みます。データセットインジケータには数値のみが含まれます。反対側の数式インジケータには、テキスト値やメンバー数も含めることができます。

データセットインジケータの作成

新規のインジケータは以下の通りに作成できます新しいインジケータは、以下の方法で作成できます:

  • データセット内(データセットインジケータ)
  • インポート

  • 属性をデータセットインジケータに変換をデータセットインジケータに変換する
  • 手動でデータ行を挿入する時手動でデータ行を挿入する場合

データセットインジケータ設定

データセット内の特定のインジケータ名にクリックすると、インジケータの様々なパラメーターを調整できます。定義または変更できるものはデータセット内の特定のインジケータ名をクリックすると、このインジケータの様々なパラメーターを調整できます。定義または変更できるものは:

  • インジケータ名
  • ETL列名
  • コード
  • インジケータ単位
  • 形式フォーマット(以下の章を参照)
  • 丸めタイプ
  • インジケータのグループ割り当てグループにインジケータを割り当てる
  • 数式。この機能は、インジケータが数式によって定義される時または新規作成する時のみに利用可能です。。この機能は、インジケータが数式で定義されている場合、または新規作成する場合にのみ利用可能です。

これらの調整はインジケータの出現毎に作動しますこれらの調整は、このインジケータが現れるたびに有効になります (データセット、レポート、ダッシュボード)

Note

データセットが結合の一部であるとき、新規インジケータを結合したデータセットに伝達するかを選択できます の一部である場合、結合されたデータセットに新しいインジケータを伝達するかを選択できます (ウィンドウの伝達オプションを確認してくださいダイアログウィンドウの伝達オプションを確認してください)。

Info

インジケータコードの変更は、他のデータセットに結合していないデータセットのみに利用できます。インジケータコードは必ず「Mインジケータコードの変更は、他のデータセットと結合されていないデータセットでのみに利用できます。インジケータコードは必ず「M_」から始まります。インジケータコードの変更は既存のレポートや計算に影響する可能性があることにご注意ください。」から始まる必要があります。インジケータコードの変更は、既存のレポートと計算に影響する可能性があることにご注意ください。

形式

フォーマット

フォーマットにより以下が実行できますフォーマットは、以下の場合に便利なツールです:

  • インジケータに区切り文字を挿入
  • 単位に追加文字を挿入
  • 小数部の桁数の調整小数点以下の桁数の調整

調整した小数形式のないインジケータは3桁ごとにコンマで(千、百万など) 数字全体と小数部分の間は点で表示されます。BellaDatiのヘルプウィンドウで、小数形式の定義例を見ることができます。基本説明は以下の表をご覧下さい:

調整された小数形式のないインジケータは、3桁ごと(千、百万など)にカンマで表示され、整数と小数の間にドットが表示されます。小数形式の定義方法の例については、BellaDatiのヘルプウィンドウを使用できます。基本的な説明は以下の表にもあります:

コード 

意味

#

1桁を表します。

,

桁位置の区切り文字(千、百万など)。英語ではコンマで表されます。。英語ではカンマとして表示されます。

.

小数部分の区切り文字。英語では点として表されます。小数部分の区切り文字。英語ではドットとして表示されます。

%100までの乗算値に%を追加します。

値を100倍し、%記号を追加します。

''

以上の操作文字を使用する場合、 “”文字の間に書かなければいけません。上記に説明されている操作文字(., #)のいずれかを表示する場合は、 ''文字の間に配置する必要があります。"."文字で終わるショートカットには便利です。文字で終わるショートカットを扱うときに便利な機能です。

小数形式の例:小数形式の例:

実際の値

表示

コード

1234

1234

#

1234

$1234

$#

1234.56

$1 235

$#,###

1234.56

1 234,6

#,###.#

1234.56

$1 234, 56 

$#,###.##

1234

$1 234 k

$#,### k

0.56

56 %

# %

0.5612345

56.12345%

#.#####%

Tip

ウィンドウの「ヘルプを表示」リンクをクリックして小数形式に関する簡単なヘルプを表示できます。

インジケータの除去

インジケータリスト内の行の最後にある十字アイコン(リンクの除去)をクリックし、ポップアップ内で除去を確認してください。

ポップアップウィンドウの[ヘルプを表示]リンクをクリックすると、簡単な小数形式のヘルプを表示できます。

インジケータの削除

インジケータのリスト内の対応する行の最後にある十字アイコン(リンクの削除)をクリックし、ポップアップで削除を確認します。

Note

インジケータの除去はインジケータが用いられたすべてのレポートとダッシュボードに影響します!インジケータの削除は、インジケータが用いられているすべてのレポートとダッシュボードに影響します!

次に

Sv translation
languagede

Die Verwaltung der Indikatoren ist Teil der Data Warehouse-Modellierung von BellaDati. Werte bestimmter Indikatoren repräsentieren den Punkt des Untersuchungsinteresses. Die Indikatoren haben normalerweise numerische Werte (Löhne, Kosten, Einkommen usw.).

Wir unterscheiden zwei Arten von Indikatoren:

  • Datasetindikatoren werden innerhalb des Datasets definiert und stehen als Muster für Berichtsindikatoren zur Verfügung. Andere Einstellungen (wie Aggregationen, Erscheinungsbild usw.) werden nicht unterstützt. Einfach ausgedrückt, stellen die Datasetindikatoren einen rohen numerischen Wert dar (in der OLAP-Sprache ist dies eine Tatsache) mit grundlegenden Attributen - Name, Einheit und Rundungsmodus. Die Werte dieser Indikatoren werden direkt aus den importierten Daten in das Data Warehouse von BellaDati gespeichert.
Info

Jedes Datasetkennzeichen wird durch seinen Code dargestellt (sofern nicht durch Formel definiert). Dieser Code beginnt immer mit dem Präfix "M_" und dient als eindeutige Identifikation für die Verwendung in Formeln. Hinweis: Der Indikatorcode kann nicht bearbeitet werden und wird bei der Erstellung zugewiesen.

 

 

  • Formelindikatoren: Ihr Wert wird nach einer zugeordneten mathematischen Formel oder einer anderen Operation berechnet. Werte von Indikatoren, die durch eine Formel erstellt werden, werden nicht in einen Dataset importiert, sondern sie werden anhand einer Formel ausgewertet. Formelindikatoren können auch auf Berichtsebene definiert werden. Weitere Informationen finden Sie im Formula Reference Führer.
Info

Datasetkennzeichen enthalten nur numerische Werte. Formelindikatoren auf der anderen Seite können auch Textwerte oder Mitgliederzahlen enthalten.

Datasetkennzeichen erstellen

Ein neuer Indikator kann auf folgende Weise erstellt werden:

  • Innerhalb des Datasets (Datasetkennzeichen)
  • Während des Imports
  • Ein Attribute in ein Datasetkennzeichen umwandeln
  • Beim manuellen Einfügen von Datenzeilen

Einstellungen der Datasetanzeige

Wenn Sie auf den Namen eines bestimmten Indikatornamens im Dataset klicken, können Sie viele verschiedene Parameter dieses Indikators anpassen. Sie können Folgendes definieren oder ändern:

  • Indikatorname
  • ETL-Spaltenname
  • Code
  • Indikatoreinheit
  • Format (siehe Kapitel unten)
  • Art der Rundung
  • Kennzeichen einer Gruppe zuordnen
  • Formel. Diese Funktion ist nur verfügbar, wenn das Kennzeichen durch eine Formel definiert ist oder wenn ein neues erstellt wird.

Diese Anpassungen werden bei jedem Auftreten dieses Indikators (Datensätze, Berichte, Dashboards) wirksam.

Note

Wenn der Dataset Teil eines Join ist, können Sie auswählen, ob Sie den neuen Indikator an den verknüpften Dataset weitergeben möchten (indem Sie die Propagierungsoption im Dialogfenster aktivieren).

Info

Das Ändern des Indikatorcodes ist nur für Datensätze verfügbar, die nicht mit anderen Datensätzen verbunden sind. Der Indikatorcode muss mit "M_" beginnen. Bitte beachten Sie, dass eine Änderung des Indikatorcodes vorhandene Reports und Berechnungen beeinflussen kann.

Format

Format ist ein nützliches Werkzeug um:

  • separate Zeichen in das Kennzeichen einzufügen
  • weitere Zeichen in die Einheit einzufügen
  • Anzahl der Dezimalstellen einzustellen

Indikatoren ohne angepasstes Dezimalformat werden nach jeweils drei Stellen (Tausender, Millionen usw.) und mit einem Punkt zwischen ganzen Zahlen und Dezimalstellen mit einem Komma angezeigt. Sie können das vorbereitete Hilfefenster in BellaDati für einige Beispiele verwenden, wie das Dezimalformat definiert wird. Die grundlegende Beschreibung befindet sich auch in der folgenden Tabelle:

Codierung

Bedeutung

#

Stellt eine Ziffer dar

,

Trennzeichen für Ziffernstellen (Tausende, Millionen usw.). Es wird in englischer Sprache als Komma angezeigt.

.

Dezimaltrennzeichen Es wird als Punkt in der englischen Lokalisierung angezeigt.

%

Wert mit 100 multiplizieren und das Symbol% hinzufügen

''

Wenn Sie eines der beschriebenen Betriebszeichen (., #) Anzeigen möchten, müssen Sie es zwischen '' Zeichen setzen. Dies ist eine nützliche Funktion, wenn Sie Verknüpfungen verwenden, die mit "." Enden. Charakter.

Beispiele für das Dezimalformat:

Ist-Wert

Anzeige

Codierung

1234

1234

#

1234

$1234

$#

1234.56

$1 235

$#,###

1234.56

1 234,6

#,###.#

1234.56

$1 234, 56 

$#,###.##

1234

$1 234 k

$#,### k

0.56

56 %

# %

0.5612345

56.12345%

#.#####%

Tip

Sie können eine kurze Dezimalformat-Hilfe anzeigen, indem Sie im Popup-Fenster auf den Link "Hilfe anzeigen" klicken.

IndiKatoren entfernen

Klicken Sie auf das Kreuzsymbol (Link entfernen) am Ende der entsprechenden Zeile in der Indikatorenliste. Dann bestätigen Sie die Entfernung im Popup.

Note

Das Entfernen des Indikators wirkt sich auf alle Reports und Dashboards aus, in denen der Indikator verwendet wurde!

Nächste Schritte