Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.

    ...

    Sv translation
    languageja
    Note

    このセクションに進む前に、BellaDatiフォーミュラ数式を十分参照することをお勧めします。

    カレンダーの日付の代わりに、グラフのx軸に特定の出来事の日数を表示したい場合があるでしょう。

    例えば、マーケティングのキャンペーンを2013-08-01から2013-10-01まで行うとき、以下を表示します:

    • 2013-08-01を「1日目」
    • 2012-08-02を「2日目」
    • 2013-10-01を「62日目」など

    この使用例はデータセットのみに日付がある場合の方法を教えます。

    変換スクリプトでデータを準備

    データ内にcampaign_dayと命名された新規属性を作成し、以下のように変換スクリプトを適用します:

    Code Block
    int days= daysBetween(rowDate(), date('2013-08-01')) + 1;
    
    String campaign_days = days.toString();
    
    if(length(campaign_days) == 1) {
      return '0' + campaign_days;
    }else {
      return campaign_days;
    }
    

    これにより、00から62までの形式でキャンペーン期間の日数を返します。

    フォーミュラの作成

    数式の作成

    レポートレベルでは、ドリルダウンとしてcampaign_dayを設定し、以下のようにインジケータを計算します:

    Code Block
    dateInterval('2013-08-01', '2013-08-01' + ' + ' + memberValue() + 'd') { 
      crossValue('ALL_SMS_2_JOINED.ALL_SMS_2_JOINED', 'L_MSISDN_DCOUNT') 
    }
    
    Note

    日付時刻機能を十分参照することをお勧めします。

    Info

    他所参照はドリルダウンを考慮しないことにご注意ください。累積値を計算できます。このようにして他所参照を魔法のように使用できるのです!

    グラフでは次のような見た目になります:

    ilupng
    campaign_day

    次に

    ...