Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.

    ...

    Sv translation
    languageja

    表ビューでツールボックスアイコンをクリックし、[表のエクスポート設定]ボタンをクリックします。

    新しく表示されるダイアログウィンドウで、[Excelエクスポートでテーブルメタデータの使用を可能にする]オプションを選択します - このオプションを選択すると、カスタム表エクスポート設定が使用されます。

    このダイアログウィンドウでは、次のことができます:

    • 列幅行の高さの設定
    • 表のキャプションの書式設定

    • ヘッダーの書式設定
    • データ部分の書式設定

    • マージ領域の設定
    • テーブルの特定の部分を非表示にする

    列幅と行の高さの設定

    デフォルトの列幅デフォルトの行の高さのフィールドを使用して、カスタムの列幅と行の高さをピクセル単位で設定します。

    [特定の列]ボタンをクリックして、列ごとに異なる列幅を設定します。これらの列は、列の位置を定義する列インデックスフィールドで指定されます。最初の列のインデックスは0です。

    :

    最初の列の列幅は100pxに、3番目の列の列幅は150pxに設定します。

    1. 列インデックスを0、列幅を100pxに設定し、[追加する]ボタンをクリックします。
    2. 列インデックスを2、列幅を150pxに設定し、[追加する]ボタンをクリックします。

    [特定の行]ボタンをクリックして、行ごとに異なる行の高さを設定します。これらの行は、行の位置を定義する行インデックスフィールドで指定されます。最初の行のインデックスは0です。

    :

    最初の行の高さは20pxに、5番目の行の高さは15pxに設定します。

    1. 行インデックスを0、行の高さを20pxに設定し、[追加する]ボタンをクリックします。
    2. 行インデックスを4、行の高さを15pxに設定し、[追加する]ボタンをクリックします。

    表のキャプションの書式設定

    [表の説明]ボタンをクリックして、表の説明書きのカスタム書式を設定します。このセクションでは次のことができます:

    • 背景色の設定

    • フォントの色の設定
    • フォント名の設定

    • フォントサイズの設定

     

    ヘッダーの書式設定

    [ヘッダ行]ボタンをクリックして、表ヘッダーのカスタム書式を設定します。このセクションでは次のことができます:

    • 背景色の設定
    • フォントの色の設定
    • フォント名の設定

    • フォントサイズの設定

    データ部分の書式設定

    [テーブルデータ]ボタンをクリックして、表データのカスタム書式を設定します。このセクションでは次のことができます:

    • 背景色の設定

    • フォントの色の設定

    • フォント名の設定
    • フォントサイズの設定

    マージ領域の設定

    このセクションでは、列と行を1つのフィールドにマージし、この領域のカスタムコンテンツを設定できます。 [結合された領域を追加する]ボタンをクリックして、マージ領域の設定を開きます。

    マージ領域は、行と列の範囲によって定義されます。最初の行と最初の列のインデックスは常に0です。

    • 最初の行最後の行のフィールドを使用して、行の範囲を定義します。

    • 最初の列最後の列のフィールドを使用して、列の範囲を定義します。

    • 下部のフィールドでは、マージ領域のカスタムコンテンツを定義できます。

    :

    行番号2と3、列番号1と2には、カスタムテキスト”Merged region"と表示する必要があります:

    1. 最初の行フィールドに1を設定します
    2. 最後の行フィールドに2を設定します
    3. 最初の列フィールドに0を設定します
    4. 最後の列フィールドに1を設定します
    5. カスタムテキストにカスタムテキスト"Merged region"を下部ボックスに入力します
    6. [保存]をクリックして設定を保存します

     

    テーブルの特定の部分を非表示にする

    エクスポートするファイルの特定の行を非表示にすることができます。非表示にする行の範囲の指定が可能です。BellaDati 2.9.4以降、特定の値を持つすべての行を非表示にすることもできます。

     

     

    ...