Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Sv translation
    languageen

    User directories allows administrators to easily connect their existing user base and map on user objects recognized by BellaDati.

    Warning

    This feature is available to users with Administrator role only.

    Creating USER DIRECTORY

    In order to create a new User Directory Connector follow these few steps:

    1. Navigate to Users -> User directories menu


    2. Click "Create" button

      The dialog with available user directory connector types is displayed.

    3. Select the type for the new user directory connector and also the source. The following types are available:

      • SQL via JDBC/ODBC
      • Active Directory/LDAP 
    4. Set the appropriate connection parameters



    5. Define the mapping and additional options


      Following BellaDati parameters can be mapped:
      1. Login
      2. Password
      3. User group
      4. Name
      5. Surname
      6. Email
      7. Business Phone
      8. Domain - available in multi-domain mode only

    User Directory Options

    OptionDescription
    Create not existing usersIf enabled, users will be automatically created during synchronization
    Update on loginIf enabled, after each login, user details will be updated. System will use the user's user directory to get his current details.
    Update users with different user directoryIf enabled, existing users will be update even they are originally coming from different user directory.

    TESTING USER DIRECTORY

    Tip
    Before running synchronization, we recommend to perform the dry run, which retrieves the user data from the remote system and performs the system integrity and constraints check.

    When the run is successful, you can see the list of users and verification status:

    There are several possible verification statuses:

    • Username is empty or too short - user won't be processed
    • User exists - user directory mismatch
    • User exists - will be updated
    • New user - will be added

    Running Synchronization

    You can start the synchronization by clicking the "Synchronize" button.

     

     

    Sv translation
    languageja

    ユーザディレクトリは、管理者が容易に既存ユーザーベースを接続し、BellaDatiによって認識されるユーザオブジェクトにマッピングできます。ユーザーディレクトリを使用すると、管理者は既存のユーザーベースに簡単に接続し、BellaDatiが認識するユーザーオブジェクトにマッピングできます。

    Warning

    この機能は管理役割があるユーザーのみ適用されます。

    ユーザディレクトリの作成

    新規User Directory Connectorを作成するために、以下のステップの通りです:

    Usersに移動-> User directories メニュー

    Image Removed

    「作成」をクリック

    ユーザーディレクトリコネクタ種類を含むダイアログが表示されます。
    Image Removed
  • 新ユーザーディレクトリコネクタにソースとタイプを選択します。以下の種類があります。

    • JDBC/ ODBC経由でSQL

    • アクティブディレクトリ/ LDAP

  • 適切な接続パラメータを設定します。

    この機能は、管理者ロールを持つユーザーのみが使用できます。

    ユーザーディレクトリの作成

    新しいユーザーディレクトリコネクターを作成するには、次のいくつかの手順を実行します:

    1. [ユーザー] -> [ユーザーディレクトリ]メニューに移動します。

      Image Added


    2. 「作成」ボタンをクリックします。

      利用可能なユーザーディレクトリコネクタータイプのダイアログが表示されます。
      Image Added

    3. 新しいユーザーディレクトリコネクターのタイプとソースも選択します。次のタイプが利用可能です:

      • JDBC/ODBC経由のSQL

      • Active Directory/LDAP

    4. 適切な接続パラメーターを設定します。


    5. マッピングと追加オプションを定義します。

      Following BellaDati parameters can be mapped以下のBellaDatiパラメーターをマップできます:
      1. Loginログイン
      2. Passwordパスワード
      3. User groupユーザーグループ
      4. Name
      5. Surname
      6. Email
      7. Business Phoneビジネス用電話番号
      8. Domain - available in multi-domain mode onlyドメイン - マルチドメインモードでのみ利用可能

    ユーザーディレクトリオプション

    オプション説明
    存在しないユーザーを作成有効にした場合、ユーザーは同期化プロセスに自動的に作成されます

    有効にすると、ユーザーは同期中に自動的に作成されます。

    ログイン時更新ログイン時に更新有効にした場合、それぞれのログイン後、ユーザの詳細が更新されます。システムは、現在の詳細を取得するためユーザーのユーザーディレクトリを使用します。

    有効にすると、各ログイン後にユーザーの詳細が更新されます。システムは、ユーザーのユーザーディレクトリを使用して現在の詳細を取得します。

    別のユーザーディレクトリでユーザー更新

    異なるユーザーディレクトリを持つユーザーを更新

    有効にした場合、既存ユーザーは別のユーザーディレクトリから来ても更新されます。

    有効にすると、既存ユーザーは元々別のユーザーディレクトリから来ていても更新されます。

    ユーザーディレクトのリテスト

    ユーザーディレクトリのテスト

    Tip

    同期を実行する前に、同期を実行する前に、リモートシステムからユーザーデータを取得し、システムの整合性と制約のチェックを実行するdry runを実行して、リモートシステムからユーザデータを取得し、システムの整合性と制約がチェックすることをお勧めます。

    実行が成功すると、ユーザーと検証ステータスのリストを見えます。

    (テスト)を実行することをお勧めします。

    実行が成功すると、ユーザーのリストと検証ステータスが表示されます:

    検証ステータスにいくつか発生する可能があります:

    • ユーザー名が空または短すぎる場合ユーザーが処理されません
    • ユーザーが存在している-場合ユーザディレクトリと一致しません
    • ユーザーが存在している 場合 更新されます
    • 新規ユーザー –の場合追加されます

     

    同期化プロセスを実行

    「Synchronize」ボタンをクリックして同期化を開始できます。

    検証ステータスには、いくつかの可能性があります:

    • ユーザー名が空か、短すぎる - ユーザーは処理されません
    • ユーザーが存在する - ユーザーディレクトリが一致しません
    • ユーザーが存在する - 更新されます
    • 新しいユーザー - 追加されます

    同期の実行

    「同期」ボタンをクリックして、同期化を開始できます。

     

     

    Sv translation
    languagede

    Benutzerverzeichnisse ermöglichen es Administratoren, ihre bestehende Benutzerbasis einfach zu verbinden und den von BellaDati erkannten Benutzerobjekten zuzuordnen.

    Warning

    Diese Funktion ist nur für Benutzer mit der Rolle Administrator verfügbar.

    Benutzerverzeichnis erstellen

    Um einen neuen Benutzerverzeichnis-Konnektor zu erstellen, führen Sie diese Schritte aus:

    1. Navigieren Sie zu Benutzer -> Benutzerverzeichnisse Menü


    2. Klicken Sie auf die Schaltfläche "Erstellen".

      Der Dialog mit den verfügbaren Konnektortypen des Benutzerverzeichnisses wird angezeigt.

    3. Wählen Sie den Typ für den neuen Benutzerverzeichnis-Konnektor und auch die Quelle aus. Die folgenden Typen sind verfügbar:

      • SQL über JDBC/ODBC/ODBC
      • Active Directory/LDAP 
    4. Stellen Sie die entsprechenden Verbindungsparameter ein.



    5. Definieren Sie das Mapping und weitere Optionen.



      Folgende BellaDati-Parameter können abgebildet werden:
      1. Login
      2. Passwort
      3. Benutzergruppe
      4. Vorname
      5. Nachname
      6. Email
      7. Geschäftstelefon
      8. Domäne - nur im Multi-Domänen-Modus verfügbar

    Benutzerverzeichnis-Optionen

    OptionBeschreibung
    Nicht vorhandene Benutzer anlegenWenn aktiviert, werden Benutzer bei der Synchronisation automatisch angelegt.
    Aktualisierung bei der AnmeldungWenn aktiviert, werden die Benutzerdaten nach jedem Login aktualisiert. Das System verwendet das Benutzerverzeichnis des Benutzers, um seine aktuellen Daten abzurufen.
    Benutzer mit unterschiedlichem Benutzerverzeichnis aktualisierenWenn aktiviert, werden bestehende Benutzer aktualisiert, auch wenn sie ursprünglich aus einem anderen Benutzerverzeichnis stammen.

    BENUTZERVERZEICHNIS TESTEN

    Tip
    Vor der Durchführung der Synchronisation empfehlen wir, den Trockenlauf durchzuführen, der die Benutzerdaten vom entfernten System abruft und die Überprüfung der Systemintegrität und der Einschränkungen durchführt.

    Wenn der Lauf erfolgreich war, sehen Sie die Liste der Benutzer und den Verifizierungsstatus:

    Es gibt mehrere mögliche Verifizierungsstatus:

    • Der Benutzername ist leer oder zu kurz - der Benutzer wird nicht bearbeitet.
    • Benutzer existiert - Benutzerverzeichnis stimmt nicht überein
    • Benutzer existiert - wird aktualisiert
    • Neuer Benutzer - wird hinzugefügt.

    Synchronisation ausführen

    Sie können die Synchronisation starten, indem Sie auf die Schaltfläche "Synchronisieren" klicken.