Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.

    ...

    Sv translation
    languageja

    BellaDati ML Studioの主な利点の1つは、グラフィカルユーザーインターフェイスです。 GUIのおかげで、ユーザーはプロジェクトで簡単に作業できます。画面は以下の幾つかの部分に分けられます。Studioの主な利点の1つは、グラフィカルユーザーインターフェイスです。 GUIのおかげで、ユーザーはプロジェクトを簡単に操作できます。画面はいくつかの部分に分かれています:

    • 左側のコントロールサイドバー
    • 右側のプレビューサイド
    • コードエディター
    • メインコントロール
    • コンソール

    コントロールサイドバー

    コントロールサイドバーには、プロジェクトの全ての基本プロパティ・オプションが含まれています。コントロールサイドバーには、プロジェクトのすべての基本的なプロパティとオプションが含まれています:

    • プロジェクト情報
    • ファイル
    • テーブル
    • フラグチャート
    • ライブラリ
    • 変数
    • 組み込み関数

    プレビューサイド

    プレビューサイドバーでユーザーが結果テーブルとグラフを閲覧安いです。プレビューサイドバーを使用すると、ユーザーは結果のテーブルとチャートを素早く表示できます。

    コードエディター

    コードエディタでユーザーがGroovy言語で独自の機械学習スクリプトを編集または書き込むことができます。ユーザーはオートコンプリート機能(デフォルトではCtrl コードエディターを使用すると、ユーザーはGroovy言語で独自の機械学習スクリプトを編集または作成できます。ユーザーは、オートコンプリート機能(デフォルトではCtrl + Space)を利用することでコードを作成するのに役立ちます。Space)を利用して、コードをビルドできます。

    メインコントロール

    メインコントロールは、プロジェクトとの基本相互作用に使用されます。メインコントロールは、プロジェクトとの基本的な対話に使用されます。これらのコントロールが利用可能です:

    • Run history 実行履歴 - 下記を参照します。下記を参照してください。
    • Save 保存 - プロジェクトの保存プロジェクトを保存します。
    • Save as 名前を付けて保存 - 新しいプロジェクトとして保存します。
    • Discard changes 変更を破棄 - 現行のセッションの変更事項を全削除します。現在のセッションで行われたすべての変更を削除します。
    • Code builderコードビルダー
    • Run実行
    • Scheduleスケジュール

    Run history (実行履歴)

    各実行に関する情報リストを含む実行履歴は左側のサイドバーに表示されます。実行履歴は左側のサイドバーに開き、各実行に関する情報を含むリストが含まれています:

    • ID
    • 実行時点実行時
    • 完了時点完了時
    • 作成者

    IDをクリックすることで、選択された実行に関する詳細情報を取得できます。ポップアップウィンドウが開き、実行時間・実行ユーザーの詳細が表示されます。ユーザーは実行されたコードとコンソール出力を閲覧することもできます。IDをクリックすると、選択した実行に関する詳細情報を取得できます。ポップアップウィンドウが開き、実行時間、実行を開始したユーザーに関する詳細が表示されます。ユーザーは、実行されたコードとコンソール出力も確認できます。

    コードビルダー

    コードビルダーでユーザーが定義済みのテンプレートを使用することで異なるコード部分を早く構築できます。下記のテンプレートは利用可能です。コードビルダーを使用すると、定義済みのテンプレートを使用して、コードの様々な部分を素早く構築できます。次のテンプレートが利用可能です:

    • Read Sql
    • Read Dataset
    • Read Csv File
    • Read Xls File
    • Read Table
    • Store Table
    • Store Bar Chart
    • Store Box Plot Chart
    テンプレートのいずれかを選択した後、ユーザーがファイル、データベースコネクト、SQLクエリなどのパラメータに入力する必要があります。

    そして、Continueボタンを押下します。コードスニペットが生成され、Instertをクリックすることでコードに挿入できます、

    テンプレートの1つを選択した後、ユーザーはパラメーター(例えば、ファイル、データベース接続、SQLクエリなど)を入力し、[続行]をクリックする必要があります。 [挿入]をクリックしてコードに挿入できるコードスニペットが生成されます。

    Run

    Runボタンを押下することで、プロジェクトが直ぐに実行されます。

    Schedule

    プロジェクトのスケジュールも立てられます。ユーザーがプロジェクトの実行日時も設定できます。

    (実行)

    [実行]ボタンをクリックすると、プロジェクトをすぐに実行できます。

    スケジュール

    プロジェクトの実行をスケジュールすることもできます。ユーザーは、プロジェクトを実行する日時を設定できます。

    Sv translation
    languagede


    Einer der Hauptvorteile von BellaDati ML Studio ist eine grafische Benutzeroberfläche. Dank der grafischen Benutzeroberfläche kann der Benutzer problemlos mit den Projekten arbeiten. Der Bildschirm ist in mehrere Teile unterteilt:

    • Steuere die Seitenleiste auf der linken Seite
    • Vorschau der rechten Seitenleiste
    • Code-Editor
    • Hauptbedienelemente
    • Konsole

    Kontrol-Sidebar

    Die Kontrol-Sidebare enthält alle grundlegenden Eigenschaften und Optionen des Projekts:

    • Projelpnformation
    • Datein
    • Tabellen
    • Charts
    • Bibliotheken
    • Variablen
    • Eingebaute Funktionen

    Vorschau Sidebar

    In der Sidebar der Vorschau können Sie die resultierenden Tabellen und Diagramme schnell anzeigen.

    Code-Editor

    Mit dem Code-Editor können Benutzer ihre eigenen Skripts zum maschinellen Lernen in Groovy-Sprache bearbeiten oder schreiben. Der Benutzer kann die Auto-Complete-Funktion (standardmäßig Strg + Leertaste) nutzen, die ihm beim Erstellen seines Codes hilft.

    Hauptsteuerelemente

    Die Hauptsteuerelemente werden für grundlegende Interaktionen mit dem Projekt verwendet. Diese Steuerelemente stehen zur Verfügung:

    • Verlauf ausführen - siehe unten.
    • Speichern - speichert das Projekt.
    • Speichern unter - Speichert als neues Projekt.
    • Änderungen verwerfen - löscht alle in der aktuellen Sitzung vorgenommenen Änderungen.
    • Code builder
    • Ausführen
    • Zeitplan

    Verlauf ausführen

    Die Funktion Verlauf ausführen wird in der linken Seitenleiste geöffnet und enthält eine Liste mit Informationen zu jedem Lauf:

    • ID
    • Ausführen wenn
    • Beenden wenn
    • Erstellt von

    Sie können auf die ID klicken, um weitere Informationen zur ausgewählten Ausführung zu erhalten. Ein Popup-Fenster wird geöffnet, in dem der Ausführungszeitpunkt des Benutzers angegeben wird, der die Ausführung gestartet hat. Der Benutzer kann auch den ausgeführten Code und die Konsolenausgabe sehen.

    Code builder

    Mit dem Code Builder kann der Benutzer mithilfe von vordefinierten Vorlagen schnell verschiedene Teile des Codes erstellen. Folgende Vorlagen stehen zur Verfügung:

    • Sql lesen
    • Dataset lesen
    • Csv File lesen
    • Xls File lesen
    • Table lesen
    • Tabelle speicher
    • Balkendiagramm speichern
    • Box-Diagramm speichern

    Nachdem Sie eine der Vorlagen ausgewählt haben, muss der Benutzer die Parameter eingeben (z. B. Datei, Datenbankverbindung, SQL-Abfrage usw.) und dann auf Weiter klicken. Es wird ein Code-Ausschnitt generiert, das durch Klicken auf Einfügen in den Code eingefügt werden kann.

    Ausführen

    Das Projekt kann sofort ausgeführt werden, indem Sie auf die Schaltfläche Ausführen klicken.

    Schedule

    Es ist auch möglich, die Ausführung des Projekts zu planen. Der Benutzer kann die Uhrzeit und das Datum einstellen, wann das Projekt ausgeführt wird.