Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.

...

Sv translation
languageja
Note

パーティショニングはBellaDati 2.9から使用可能です。

Partitioning enables to store Data set data in partitions to increase performance with more data.パーティショニングにより、データセットデータをパーティションに格納し、より多くのデータでパフォーマンスを向上させることができます。

パーティショニングの設定

Note

Please note that Partitioning functionality needs to be enabled in the license and in the domain.ライセンスとドメインでパーティション機能を有効にする必要があることに注意してください。

Note

Only domain administrator can access Partitioning settings.ドメイン管理者のみがパーティション設定にアクセスできます。

Note

BellaDati must be using PostgreSQL version 9.4 or newer if the Data set is using local storage.データセットがローカルストレージを使用している場合、BellaDatiはPostgreSQL バージョン9.4以降を使用している必要があります。

Note

Postgres version 9.4 or newer is required if the Data set is using remote storage.

Remote storage can be set up by opening Partitioning in the Settings menu on Data Set detail page and clicking on Configure button.

Image Removed

Note

Setting up or removing Partitioning will remove all data in the data set. Attributes, indicators and all other settings will remain unchanged.

In the next step can be selected Partitioning type:

ID

By defining ID Range the data in this data set will be stored in partitions where each partition will contain number of records defined as the ID Range.

Info

e.g.: By setting ID Range to 1000 and importing data with 10 000 records data in the data set will be stored in 10 partitions with each containing 1000 records.

Time

If imported data contains time information which is stored as Date or Datetime attribute it can be used for partitioning.

Note

Attribute used for partitioning must be created with Not empty values only enabled.

By selecting Partitioning Interval you define how the data will be placed into partitions. 

Info

e.g.: By using Yearly Partitioning Interval and importing data for years 2006 - 2015 the data will be stored in 10 partitions with each containing records for 1 year.データセットがリモートストレージを使用している場合、PostgreSQL バージョン9.4以降が必要です。

リモートストレージは、データセットの詳細ページの[設定]メニューで[パーティショニング]を開き、[構成]ボタンをクリックして設定できます。

Image Added

Note

パーティショニングを設定または削除すると、データセット内のすべてのデータが削除されます。属性、インジケータ、および他のすべての設定は変更されません。


次のステップで、パーティションのタイプを選択できます:

ID

ID範囲を定義すると、このデータセットのデータはパーティションに保存され、各パーティションにはID範囲として定義されたレコードの数が含まれます。

Info

例: ID範囲を1000に設定し、10,000レコードのデータをインポートすると、データセット内のデータは、それぞれ1,000レコードを含む10のパーティションに保存されます。

Time

インポートされたデータに、DateまたはDatetime属性として保存されている時間情報が含まれている場合、パーティションに使用できます。

Note

パーティションに使用される属性は、空でない値のみを有効にして作成する必要があります。

パーティショニング間隔を選択することにより、データをパーティションに配置する方法を定義します。

Info

例: パーティショニング間隔を使用し、2006年から2015年までのデータをインポートすると、データは10パーティションに保存され、それぞれに1年間のレコードが含まれます。