Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.

    ...

    Sv translation
    languageja

     

    Note

    この機能は、BellaDati 2.9.4以降で利用可能です。

    特定のテーブルを表示するために使用されるカスタムレンダラーを定義することができます。このレンダラーは拡張機能で定義されます。ユーザーには、テーブルの外観設定でレンダラーを選択するオプションがあります。特定の表を表示するために使用されるカスタムレンダラーを定義することができます。このレンダラーは拡張機能で定義されます。ユーザーには、表の外観設定でレンダラーを選択するオプションがあります。

    カスタムレンダラーの設定

    カスタムレンダラーを使用できるようにするには、ユーザーは次の手順に従う必要があります:

    1. カスタムレンダラーを含むExtensions機能をインポートします。デモカスタムレンダラーは、こここちらからダウンロードできます。
    2. 拡張機能をアクティブにします。

    カスタムレンダラーの使用

    カスタムレンダラーを使用した拡張機能を有効にすると、ユーザーはテーブルを含むレポートに移動し、テーブルの外観設定でレンダラーを選択できます。カスタムレンダラーを使用した拡張機能を有効にすると、ユーザーは表を含むレポートに移動し、表の外観設定でレンダラーを選択できます。

    1. テーブルを含むレポートを開きます。表を含むレポートを開きます。
    2. テーブルの外観設定を開きます。表の外観設定を開きます。

    3. カスタムテーブルレンダラーを選択します。

    4. 設定を保存します。

    パブリックレポートのカスタムレンダラー

    パブリックレポートでカスタムレンダラーを使用できるようにするには、拡張機能がパブリックであり、すべてのドメインで利用可能である必要があります。