Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Comment: Removed translated content for 'zh'
Sv translation
languageen
Info

You can skip this page if you are using the BellaDati Windows installer, Linux installer or Mac installer.

1. Installing Java

BellaDati requires Oracle's Java SE 8 platform to run. Refer to Supported Platforms for details on the Java platform versions that BellaDati supports. Oracle's JDK can be downloaded from Oracle's website.

Note

Please be sure you are installing JDK with Server HotSpot, and not just JRE.

 

You can test whether you have the correct Java platform by running java -version:

Code Block
~$ java -version
java version "1.8.0_66"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_66-b18)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.66-b18, mixed mode)

On recent Linux distributions, Oracle's JDK can be installed through a package manager, e.g. apt-get on Ubuntu.

2. Setting JAVA_HOME

Once the JDK is installed you need to set the JAVA_HOME environment variable pointing to the root directory of your JDK installation.

Some JDK installers set this automatically. You can type echo %JAVA_HOME% in a Windows command prompt or echo $JAVA_HOME in a Linux/UNIX console to verify. If the property hasn't been set, follow the steps below.

2.1 For Linux/Solaris

You can set the JAVA_HOME variable with the following command:

Code Block
$ export JAVA_HOME=/path/to/jdk

Make sure this variable is automatically set after system starts (append it to the .profile).

2.2 For Windows

Windows users can specify environment variables in the System Properties->Environment Variables window.

Sv translation
languageja


Info

BellaDati WindowsインストーラーLinuxインストーラーまたはMacインストーラーを使用している場合は、このページをスキップできます。

1. Javaのインストール

BellaDatiを実行するには、OracleのJava SE 8プラットフォームが必要です。 BellaDatiがサポートするJavaプラットフォームのバージョンの詳細については、サポートされるプラットフォームを参照してください。 OracleのJDKは、OracleのWebサイトからダウンロードできます。

Note

JREだけでなく、Server HotSpotを使用してJDKをインストールしていることを確認してください。


java -versionを実行すると、正しいJavaプラットフォームがあるかどうかをテストできます:

Code Block
~$ java -version
java version "1.8.0_66"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_66-b18)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.66-b18, mixed mode)

最近のLinuxディストリビューションでは、OracleのJDKはパッケージマネージャーを介してインストールできます。例: apt-get on Ubuntu

2. JAVA_HOMEの設定

JDKをインストールしたら、JDKインストールのルートディレクトリを指すJAVA_HOME環境変数を設定する必要があります。

一部のJDKインストーラーはこれを自動的に設定します。確認するには、Windowsコマンドプロンプトにecho %JAVA_HOME%と入力するか、Linux/UNIXコンソールにecho $JAVA_HOMEと入力します。プロパティが設定されていない場合は、以下の手順に従ってください。

2.1 Linux/Solaris向け

次のコマンドを使用して、JAVA_HOME変数を設定できます:

Code Block
$ export JAVA_HOME=/path/to/jdk

システムの起動後にこの変数が自動的に設定されることを確認してください (.profileに追加)。

2.2 Windows向け

Windowsユーザーは、System Properties->Environment Variablesウィンドウで環境変数を指定できます。