Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.

    ...

    Sv translation
    languageja

    レポートフィルターは、レポート全体の内容を変更するために使用されます。複数のフィルターをサイドバーに表示したり、特別なタイプのビューとしてレポートに直接表示したりできます。各フィルターは、異なる機能と外観を持つことができます。

    フィルターの作成

    Note

    レポート作成者または レポート編集者レポートエディターのみがレポートフィルターを作成し、デフォルト値を設定できます。レポートにアクセスできる他のすべてのユーザーは、レポートフィルター値のみを変更できます。

    新しいフィルターを作成するには、サイドバーにある[変数]を開きます。

    フィルターを作成する際、2つのアプローチを使用できます:

    • クイックフィルター - フィルターは、複数選択ボックスのデフォルトレイアウトで作成されます。続きを読む

    • フィルタリングコンポーネントの作成 - すべてのフィルターのレイアウトは個別に構成されます。下記を参照。

    フィルターコンポーネントの作成

    1. [編集]ボタンをクリックして、[変数]ダイアログに入ります。
    2. 作成するコンポーネントのタイプを選択します。フィルターコンポーネントを作成するには、[フィルター]を選択します。
    3. オプションで、識別子を変更します。
    4. 追加をクリックします。
    5. フィルタリングに使用するタイプ属性を選択します。
    6. 条件を選択します(含むまたは含まない)。
    7. オプションで、デフォルト値を選択します。下記参照。
    8. オプションで、詳細設定を編集して、フィルターの外観と機能を変更します。下記参照。
    9. フィルターを保存します。

    デフォルト値の設定

    1つ以上のデフォルト値を設定するには、[デフォルト値]をクリックして、デフォルトとして使用する値を選択します。これらの値は、ユーザーが初めてレポートを開いた時、またはユーザーがフィルターをリセットした時に事前に選択されます。

    数式を使用してデフォルト値を定義する

    Note

    BellaDati 2.9.11以降で使用可能です。

    デフォルト値を動的に計算することが可能です。期待される戻り値の型は、配列または単一の値です(例: [ 'abc', 'def' ] または 'abc')。

     

    Code Block
    linenumberstrue
    languagegroovy
    def array = []
    array << 'East'
    array << 'South'

    日付属性のデフォルト値の設定

    日付属性の場合、日付の値を日、週、月、四半期、年として構成できます。

    相対日付の使用

    [相対日付を使用する]オプションを有効にすることにより、ユーザーは相対日付を使用してデフォルト値を動的に設定できます。次の相対日付が利用可能です:

    相対日付
    実際の値
    now当日
    actualDay当日

    actualWeek

    当週 (週の最初の日)

    例えば、2010.9.21で選択されたactualWeekは、日付2010年9月20日(この週の月曜日)を表します

    actualMonth

    当月 (月の最初の日)

    例えば、2010.9.21で選択されたactualMonthは、日付2010年9月1日を表します。

    actualQuarter

    当四半期 (四半期の最初の日)

    例えば、2010.9.21で選択されたactualQuarterは、日付2010年7月1日を表します。

    actualYear

    当年 (当年の1月1日)

    例えば、2010.9.21で選択されたactualYearは、日付2010年1月1日を表します。

    availableFrom, availableTo

    使用可能な最初と最後の日付エントリを表します。

    相対日付と絶対日付は、次の構文を使用して演算子で調整できます: date +|- n[d|w|m|q|y]nは整数、dは日、wは週、mは月、qは四半期、 yは年を表します。例えば、次のように時間を定義できます: actualyear + 2m -4d。今日が2010年9月21日だとすると、この値は2010年1月1日 + 2か月 - 4日、つまり日付2010年2月25日を表します。

    修飾子
    d
    w
    m
    q四半期
    y

    高度な設定

    基本設定

    基本セクションでは、フィルターを変更できます。この名前は、フィルタリング可能な値の隣に表示されます。

    外観

    • フィルター表示方法を使用すると、フィルターの外観と表示する値を定義できます。利用可能なオプションは、以下の通りです:
      • デフォルト - デフォルトのフィルターレイアウトが使用されます(フィルターコンポーネントは適用できません)
      • プリセット値を表示 - プリセット値のみがフィルターに表示されます
      • 利用可能な値を表示 - 利用可能なすべての値がフィルターに表示されます
    • 表示モードは、フィルターレイアウトを定義します(レイアウトは、フィルター表示方法[プリセット値を表示]または[使用可能な値を表示]が適用されている場合にのみ適用されます)。利用可能なオプションは、以下の通りです:

      • 複数選択
      • 選択
      • チェックリスト
      • ラジオボタン
    • 制限は、表示される属性メンバーの数を定義します
    • 名前順 - フィルター内の属性メンバーの順序付け方法(昇順または降順)を定義します
    • サイズは、高さフィルタリングコンポーネントを定義します(スクロールせずに表示される属性の数)
    • すべての値を表示しない - 選択すると、[すべて]オプションが表示されません
    • 選択後にフォームを自動送信 - フィルターで選択を変更すると、レポートが自動的に更新されます

    追加のフィルター

    追加フィルターセクションを使用すると、マルチ構造フィルターを作成できます - ユーザーが最上位フィルターでオプションを1つ選択すると、追加フィルターには、以前に選択した値に使用可能な(関連付けられた)値のみが表示されます。Additional filters専用のセクションに進むことができます。

    追加フィルターは、Discovery modeでも表示できます - 選択した属性メンバー間の関連付けは、フィルターで直接マークされます。

    フィルターの再順序設定

    Icon
    BellaDati 2.9.11以降で使用可能です。

    ユーザーは、編集アイコンの横にある小さな矢印をクリックして、フィルターの順序を変更できます。

    フィルターのリセット

    選択した値は、「リセット」ボタンをクリックしてリセットできます。これにより、レポート内のすべてのフィルターがリセットされます。

    BellaDati 2.9.11以降、フィルター名の横にあるリセットアイコンをクリックして、個々のフィルターをリセットすることもできます。