Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.

...

Sv translation
languageja

 

Note

To be able to use this function, Remote storage has to be enabled by the license key.

Remote data table mapping enables to store data in a remote database instead of the database used by BellaDati. In that case, data are stored only in the source database and the mapping between BellaDati and the source database table is done by a intermediate database view located on the remote storage. Currently, PostgreSQL and Oracle Database is supported.

この機能を使用するには、ライセンスキーでリモートストレージを有効にする必要があります。

リモートデータテーブルマッピングにより、BellaDatiが使用するデータベースではなく、リモートデータベースにデータを保存できます。その場合、データはソースデータベースにのみ保存され、BellaDatiとソースデータベーステーブル間のマッピングは、リモートストレージにある中間データベースビューによって行われます。現在、PostgreSQLとOracleデータベースがサポートされています。

使用方法

To use Remote data table mapping, following prerequisites are requiredリモートデータテーブルマッピングを使用するには、次の前提条件が必要です:

  1. Remote storage enabled
  2. Existing data set located on the remote storage with already configured structure (attributes and indicators). Once the remote mapping is set, it is not possible to add, edit or delete the attributes and indicators.
  3. For Oracle Database, it is necessary to modify the database access rights - see Remote storage.
  4. When the remote storage is configured, BellaDati will automatically create a new user (schema) in the database, e.g. DS_DOMAIN1. It is necessary to grant this user access (SELECT) to the tables from which the data will be loaded.
    Image Removed
  5. For remote data table mapping, additional privileges has to be assigned to the user which is used for connecting to the databaseStorageが有効
  6. 既に構成された構造(属性とインジケータ)を持つリモートストレージにある既存のデータセット。リモートマッピングが設定されると、属性とインジケータを追加、編集、削除することはできません。
  7. Oracleデータベースの場合、データベースアクセス権を変更する必要があります - Remote Storageを参照してください。 
    1. リモートストレージが設定されると、BellaDatiは自動的にデータベースに新しいユーザー(スキーマ)を作成します(例: DS_DOMAIN1)。データのロード元のテーブルへのアクセス(SELECT)をこのユーザーに許可する必要があります。
      Image Added
    2. リモートデータテーブルマッピングの場合、データベースへの接続に使用されるユーザーに追加の権限を割り当てる必要があります:

      Code Block
      languagesql
      GRANT CREATE ANY VIEW TO NAME_OF_THE_USER;
      GRANT SELECT ON sys.dba_tab_columns to NAME_OF_THE_USER;

      Please note that the last query has to be executed by user with the sysdba role, e.g. via SQL Plus.

The Remote data table mapping is set in the Advanced settings of the data set. If all prerequisites are met, an option to configure the mapping is displayed.

Image Removed

After clicking on Edit, the page for Remote mapping configuration is displayed. If the mapping is was not configured yet, there is a button to create a new mapping. Next, the user has to specify from which database table should BellaDati load the data. It is necessary to specify the name of the table with the tablespace (or user for Oracle) - e.g.
    1. 最後のクエリは、sysdbaロールを持つユーザーが実行する必要があることに注意してください。 例: SQL Plus経由。

リモートデータテーブルマッピングは、データセットの詳細設定で設定されます。すべての前提条件が満たされている場合、マッピングを構成するオプションが表示されます。

Image Added

[編集]をクリックすると、リモートマッピング構成のページが表示されます。マッピングがまだ構成されていない場合、新しいマッピングを作成するボタンがあります。次に、ユーザーはBellaDatiがデータをロードするデータベーステーブルを指定する必要があります。テーブルスペース(またはOracleのユーザー)でテーブルの名前を指定する必要があります - 例:   "MYDATA"."SOURCETABLE". To confirm, user needs to click on Save.

Image Removed

As the next step, user has to map the columns from the database table to the actual attributes and indicators of the data set. Once configured, user has to save the configuration and click on Recreate mapping. After confirming, the view is created (or updated) and data are available in the data set. 

Image Removed

既存のマッピングを編集する

To edit existing mapping, user has to click on Edit.

Image Removed

After that, the user can do following actions:

  1. Edit existing mapping.
  2. Choose a different database table by clicking on Edit.
  3. Delete the mapping.

Image Removed

制限事項

Time column is currently not supported. Use datetime instead in both source database and the data set. For the Oracle database, use the DATE column to store both Date and DateTime values.

確認するには、ユーザーは[保存]をクリックします。

Image Added

次のステップとして、ユーザーはデータベーステーブルの列をデータセットの実際の属性とインジケータにマップする必要があります。構成したら、ユーザーは構成を保存し、マッピングの再作成をクリックする必要があります。確認後、ビューが作成(または更新)され、データセットでデータが利用可能になります。

Image Added

既存のマッピングを編集する

既存のマッピングを編集するには、ユーザーは[編集]をクリックする必要があります。

Image Added

その後、ユーザーは次のアクションを実行できます:

  1. 既存のマッピングを編集します。
  2. [編集]をクリックして、別のデータベーステーブルを選択します。
  3. マッピングを削除します。

Image Added

制限事項

  • 現在、Time列はサポートされていません。代わりに、ソースデータベースとデータセットの両方でdatetimeを使用します。 Oracleデータベースの場合、DATE列を使用して、Date値とDateTime値の両方を格納します。